• ¥ 14,990
  • 大人気のSIMロックフリーのモバイルルーター おすすめPOINT 長時間通信に対応 Wi-Fi利用時最大20時間。Bluetooth利用時は最大24時間の長時間バッテリー。 外出先でも安心して長時間ご使用いただけます。 さらに、厚さ約17.3mm、重さ約128gなので持ち運びも簡単です。 Wi-Fiは最大20時間利用可能!Bluetoothは最大24時間可能! SIMロックフリー お好きな通信会社を選んで、家でも外でも快適インターネット! SIMロックフリー端末なので、主要3社のほかさまざまな通信会社のネットワークに対応可能 です。 通信会社に縛られることはありません! ※各キャリアが提供しているSIMカードの種別によって利用できない可能性が あります。 かんたん操作 かんたん操作!APN自動設定 APN(Access Point Name)が自動設定でご利用いただけます。パスワードレスでアクセスできるので、手間のかかる設定は不要!お買い上げいただいてからすぐにご利用いただけます。 かんたん操作で快適なWi-Fi生活を。 ※ご利用のSIMによっては自動設定で設定できない場合があります。 自動設定できなかった場合はクイックスタートガイドや取扱説明書の手順に従い、手動設定が必要です 自宅回線利用可能 自宅回線としても利用可能! オプションのクレードルを使えば、これまでLANケーブルを繋がらなければならなかったデス クトップパソコンなど、Wi-Fi非対応機器との接続(ルーターモード)も可能となります! ご家庭内のご利用にも最適です。 さらに、ブロードバンドルーターと接続しアクセスポイント(AP モード)として利用すれば、外出先で使用していたWi-Fi対応機器をそのまま使えるなど、毎月の通信規制を気にせず気軽に使用出来ます! ご家庭内で気にせず高速通信が楽しめます! 長期間ご愛用いただける快適設計 ほかにも長い間ご愛用していただくための機能が盛りだくさん ・自動再起動設定で長期間安定稼動(工場出荷時無効) ・ロングライフモード設定で電池の劣化を軽減(工場出荷時無効) ・交換可能な電池パックを採用 ・オプションクレードルでモバイルとブロードバンドネットワークをシームレス利用 ・自動消灯で液晶焼き付防止(工場出荷時30秒で消灯)

  • ¥ 24,800
  • 富士ソフト FS040U SIMロックフリー USBドングル 特長 マルチキャリア 日本国内3キャリア NTT docomo/ KDDI(au) / softbankに対応 NTT docomo/ KDDI(au) / softbankのLTE周波数および、 NTT docomo/ softbankの周波数に対応 ※各キャリアが提供しているSIMカードの種別によって利用できない可能性があります。 2つの柔軟な接続モード 従来の接続方式に加えて、挿すだけで使える簡単接続モードを搭載 用途に応じた接続モードでご提供致します。 簡単接続 専用ドライバ不要で、挿すだけで利用できる接続方式です。 設定情報は+F FS040U本体に保持されますので、いつもと異なるパソコンでも+F FS040Uを挿して設定を変更することなくすぐに通信をご利用いただけます。 また、Webブラウザベースの設定ツールで設定を変更できるので、面倒なインストールも必要ありません。 セキュア接続 従来の専用ドライバ・専用ツールによる接続方式で、設定情報はパソコン側に保持されます。 ATコマンドによる制御が可能で、M2M/IoT機器にご利用いただけます。 ※本接続方式への切替は、当社法人サポート窓口にて対応いたします。 接続方式の切替を行うには、当該品をお送りいただく必要がございます。モバイルソリューション/FS Mobileに関するお問合わせよりお問合せください。 かんたん操作 かんたん操作!APN自動設定 手間のかかるAPN(Access Point Name)設定は不要! SIMを挿入するだけですぐにご利用いただけます。 ※簡単接続モードでのみ有効です。従来のセキュア接続で無効となります。 ※ご利用のSIMによっては自動設定で設定できない場合があります。 自動設定できなかった場合はクイックスタートガイドや取扱説明書の手順に従い、手動設定が必要です。 「+F MDM」に対応 モバイルデバイスを遠隔で管理するクラウドサービス「+F MDM」に対応 リアルタイムに+F FS040Uの利用状況を把握したり、お客様のニーズにあわせて、自由に通信規制を設定できます。 活用事例 モバイルワーキング 多様な働き方への活用に テレワークや在宅勤務など場所にとらわれずパソコンにUSBで接続するだけで、高速データ通信をご利用いただけます。 mobileWorking IoT/M2M デジタルサイネージのデータ受信に デジタルサイネージで表示させるデータを受信できます。 IoT/M2M-1 POSレジ情報のデータ送信に 固定回線が新設できない店舗に、回線工事不要でPOSレジが導入でき、リアルタイムに店舗のPOSレジの情報を、送信できます。 IoT/M2M-2 車載DVRのデータ連携に 車載DVRと連携し、遠隔からの映像監視、運行管理などに活用できます。 IoT/M2M-3 固定回線の代替利用に モバイルインターネット接続機能を有する有線ブロードバンドルーターに接続することで、工事現場や臨時店舗など固定回線がなくても、インターネット接続環境を構築できます。 本体仕様 商品名 +F FS040U サイズ 高さ 約 95.0mm×幅 約 32.0mm×厚さ 約 12.2mm(USB接続部分収納時) 質量 約 39g 通信方式 (※1) LTE 受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbps 3G 受信時最大 42Mbps/送信時最大 5.76Mbps ネットワークおよび周波数(※2) LTE docomo バンド1:2.1GHz / バンド3:1.7GHz /バンド19:800MHz / バンド21:1.5GHz au バンド1:2.1GHz / バンド11:1.5GHz / バンド18/26:800MHz / バンド41:2.5GHz(TD-LTE) SoftBank バンド1:2.1GHz / バンド3:1.7GHz / バンド8:900MHz / バンド11:1.5GHz 3G docomo バンド1:2.1GHz / バンド6/19:800MHz au 非対応 SoftBank バンド1:2.1GHz 海外3G バンド5:850MHz 対応OS Windows 10 (32/64ビット) Windows 8.1 (32/64ビット) Windows 7 (32/64ビット) Linux OS 確認状況はこちら ChromeBook確認状況はこちら 対応SIM LTE 対応SIM(形状:microSIM) ※本製品は、3G回線契約のみのSIMカードはご利用いただけません。 接続端子 Type A(USB2.0) 国際ローミング(※3) 対応 表示言語 日本語/英語 消費電流 最大消費電流 LTE:約600mA以下 3G:約430mA以下 平均消費電流 LTE:約570mA以下 3G:約400mA以下 ※1各通信事業者により、通信速度・エリアなどの提供サービスは異なります。 ※2通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。 ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、利用環境・通信環境やネットワークの混雑状況により変動いたします。 ※3国際ローミングのご利用には、通信事業者との国際ローミング契約が必要です。 ※FSMobile、+Fは、富士ソフトの登録商標です。 ※本サイトに掲載する会社名、製品名などは一般に各社の登録商標または商標です。

  • ¥ 1,580
  • 国連本部で限定販売のSDGs(持続可能な開発目標)のピンバッジです。 持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。 これら17の目標は、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、むしろ別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標はすべて相互接続的といえます。 SDGsは、パートナーシップと実用主義の精神に基づき、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを目指します。すべての国がそれぞれの優先課題や、全世界的な環境課題に応じて採用できる明確なガイドラインやターゲットも設けられています。SDGsは包摂的なアジェンダとして、貧困の根本的な原因に取り組むとともに、人間と地球の両方にとってプラスとなる変化の実現に向け、私たちを団結させるものとなっています。アヒム・シュタイナーUNDP総裁は「2030アジェンダの支援は、UNDPにとって最優先課題のひとつです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など、私たちの世界が抱える喫緊の課題のいくつかに取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります」と呼びかけます。 SDGsの目標17項目はいずれも、持続可能な開発、民主的なガバナンスと平和構築、気候変動と災害に対する強靭性という、UNDPの戦略計画の重点分野と結び付いています。貧困に関する目標1、不平等に関する目標10、ガバナンスに関する目標16は特に、UNDPの現在の活動と長期的な計画にとって中心的な意味を持っています。しかし、SDGsを達成するためには、複数の目標にまたがって進捗を支援する包括的なアプローチが欠かせません。UNDPはこのプロセスを支援できる独特な立場にいます。 JANコード:4582596180015

  • ¥ 2,580
  • 国連本部で限定販売のSDGs(持続可能な開発目標)のピンバッジです。 持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。 これら17の目標は、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、むしろ別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標はすべて相互接続的といえます。 SDGsは、パートナーシップと実用主義の精神に基づき、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを目指します。すべての国がそれぞれの優先課題や、全世界的な環境課題に応じて採用できる明確なガイドラインやターゲットも設けられています。SDGsは包摂的なアジェンダとして、貧困の根本的な原因に取り組むとともに、人間と地球の両方にとってプラスとなる変化の実現に向け、私たちを団結させるものとなっています。アヒム・シュタイナーUNDP総裁は「2030アジェンダの支援は、UNDPにとって最優先課題のひとつです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など、私たちの世界が抱える喫緊の課題のいくつかに取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります」と呼びかけます。 SDGsの目標17項目はいずれも、持続可能な開発、民主的なガバナンスと平和構築、気候変動と災害に対する強靭性という、UNDPの戦略計画の重点分野と結び付いています。貧困に関する目標1、不平等に関する目標10、ガバナンスに関する目標16は特に、UNDPの現在の活動と長期的な計画にとって中心的な意味を持っています。しかし、SDGsを達成するためには、複数の目標にまたがって進捗を支援する包括的なアプローチが欠かせません。UNDPはこのプロセスを支援できる独特な立場にいます。 JANコード:4582596180060

  • ¥ 2,580
  • 国連本部で限定販売のSDGs(持続可能な開発目標)のピンバッジです。 持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。 これら17の目標は、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、むしろ別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標はすべて相互接続的といえます。 SDGsは、パートナーシップと実用主義の精神に基づき、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを目指します。すべての国がそれぞれの優先課題や、全世界的な環境課題に応じて採用できる明確なガイドラインやターゲットも設けられています。SDGsは包摂的なアジェンダとして、貧困の根本的な原因に取り組むとともに、人間と地球の両方にとってプラスとなる変化の実現に向け、私たちを団結させるものとなっています。アヒム・シュタイナーUNDP総裁は「2030アジェンダの支援は、UNDPにとって最優先課題のひとつです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など、私たちの世界が抱える喫緊の課題のいくつかに取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります」と呼びかけます。 SDGsの目標17項目はいずれも、持続可能な開発、民主的なガバナンスと平和構築、気候変動と災害に対する強靭性という、UNDPの戦略計画の重点分野と結び付いています。貧困に関する目標1、不平等に関する目標10、ガバナンスに関する目標16は特に、UNDPの現在の活動と長期的な計画にとって中心的な意味を持っています。しかし、SDGsを達成するためには、複数の目標にまたがって進捗を支援する包括的なアプローチが欠かせません。UNDPはこのプロセスを支援できる独特な立場にいます。 JANコード:4582596180022

  • ¥ 2,980
  • 国連本部で限定販売のSDGs(持続可能な開発目標)のピンバッジです。 持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。 これら17の目標は、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、むしろ別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標はすべて相互接続的といえます。 SDGsは、パートナーシップと実用主義の精神に基づき、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを目指します。すべての国がそれぞれの優先課題や、全世界的な環境課題に応じて採用できる明確なガイドラインやターゲットも設けられています。SDGsは包摂的なアジェンダとして、貧困の根本的な原因に取り組むとともに、人間と地球の両方にとってプラスとなる変化の実現に向け、私たちを団結させるものとなっています。アヒム・シュタイナーUNDP総裁は「2030アジェンダの支援は、UNDPにとって最優先課題のひとつです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など、私たちの世界が抱える喫緊の課題のいくつかに取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります」と呼びかけます。 SDGsの目標17項目はいずれも、持続可能な開発、民主的なガバナンスと平和構築、気候変動と災害に対する強靭性という、UNDPの戦略計画の重点分野と結び付いています。貧困に関する目標1、不平等に関する目標10、ガバナンスに関する目標16は特に、UNDPの現在の活動と長期的な計画にとって中心的な意味を持っています。しかし、SDGsを達成するためには、複数の目標にまたがって進捗を支援する包括的なアプローチが欠かせません。UNDPはこのプロセスを支援できる独特な立場にいます。 JANコード:4582596180053

  • ¥ 9,880
  • 国連本部で限定販売のSDGs(持続可能な開発目標)のピンバッジです。 持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。 これら17の目標は、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、むしろ別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標はすべて相互接続的といえます。 SDGsは、パートナーシップと実用主義の精神に基づき、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを目指します。すべての国がそれぞれの優先課題や、全世界的な環境課題に応じて採用できる明確なガイドラインやターゲットも設けられています。SDGsは包摂的なアジェンダとして、貧困の根本的な原因に取り組むとともに、人間と地球の両方にとってプラスとなる変化の実現に向け、私たちを団結させるものとなっています。アヒム・シュタイナーUNDP総裁は「2030アジェンダの支援は、UNDPにとって最優先課題のひとつです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など、私たちの世界が抱える喫緊の課題のいくつかに取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります」と呼びかけます。 SDGsの目標17項目はいずれも、持続可能な開発、民主的なガバナンスと平和構築、気候変動と災害に対する強靭性という、UNDPの戦略計画の重点分野と結び付いています。貧困に関する目標1、不平等に関する目標10、ガバナンスに関する目標16は特に、UNDPの現在の活動と長期的な計画にとって中心的な意味を持っています。しかし、SDGsを達成するためには、複数の目標にまたがって進捗を支援する包括的なアプローチが欠かせません。UNDPはこのプロセスを支援できる独特な立場にいます。 JANコード:4582596180039

  • ¥ 10,980
  • 国連本部で限定販売のSDGs(持続可能な開発目標)のピンバッジです。 持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。 これら17の目標は、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、むしろ別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、目標はすべて相互接続的といえます。 SDGsは、パートナーシップと実用主義の精神に基づき、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを目指します。すべての国がそれぞれの優先課題や、全世界的な環境課題に応じて採用できる明確なガイドラインやターゲットも設けられています。SDGsは包摂的なアジェンダとして、貧困の根本的な原因に取り組むとともに、人間と地球の両方にとってプラスとなる変化の実現に向け、私たちを団結させるものとなっています。アヒム・シュタイナーUNDP総裁は「2030アジェンダの支援は、UNDPにとって最優先課題のひとつです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など、私たちの世界が抱える喫緊の課題のいくつかに取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります」と呼びかけます。 SDGsの目標17項目はいずれも、持続可能な開発、民主的なガバナンスと平和構築、気候変動と災害に対する強靭性という、UNDPの戦略計画の重点分野と結び付いています。貧困に関する目標1、不平等に関する目標10、ガバナンスに関する目標16は特に、UNDPの現在の活動と長期的な計画にとって中心的な意味を持っています。しかし、SDGsを達成するためには、複数の目標にまたがって進捗を支援する包括的なアプローチが欠かせません。UNDPはこのプロセスを支援できる独特な立場にいます。 JANコード:4582596180046